シルクライン

幾度もフィールドテストを重ねて完成したシルクライン、YANOオリジナルのマルチブレイデッドテーパーは、トルクフルでなめらかなループを描き繊細かつ正確なプレゼンテーションを実現します。

ダブルテーパー(DT)とウェイトフォワード(WF)の二つのタイプからなり、スタンダードテーパーとロングテーパーの2種類から選ぶことが出来ます。

YANO SILK FLY LINEはAFTMA規格に基づき製作されております。

ブレイデッド・テーパーリーダー

ブレイデッド・テーパーリーダー

しなやかさを最大の特徴としながらも、しっかりとしたループをつくりラインパワーを先端まで伝えます。シルクラインとの相性が良く、複雑な流れでもドラグフリーでドリフトが出来ます。

ブレイデッド・テーパー・リーダーのスペック
タイプ適用ラインTaper:Butt特徴
#1〜#4 60%:40% 究極の柔らかさが特徴。複雑な流れの中でもドラッグがかかりにくく、ナチュラルドリフトを実現します。
#4〜(#3〜※) 60%:40% ソフトよりも25%太く、大型フライを容易にターンオーバーするパワフルさをもつリーダーです。小型ウェットやニンフフィッシングにおどうぞ。
#4〜 60%:40% ミディアムタイプよりも更に25%太く、重量のあるウェットフライを確実に容易にターンさせる力強いループが特徴。ティペットは1〜3Xをお使い下さい。
#1〜 60%:40% SOFTより張りを持たせた扱いやすさが特徴。SOFTとの違いを体験してください。ティペットは4〜6Xをお使い下さい。

ライングリス

ライングリス

シルクラインは出荷時にはインターミディエイトの為、ドライフライを楽しむ方はこのグリスを塗り込んでご使用下さい。

キャストとグリスアップを繰り返す事によってラインは鍛え貫かれ理想的なしなやかさと浮力が与えられます。

FAQs

シルクラインに関するよくあるご質問。

Q:初めてシルクラインを使うとき、何をすればよいですか?
A:リールに巻き取り、グリスを数日間塗りこんで下さい。
Q:ラインとリーダーの繋ぎ方を教えてください。
A:直結でも構いませんが、ループtoループでの接続をお勧めします。
Q:釣行前のメンテナンス方法は?
A:長期保存していた場合はラインが硬くなっている事があるのでそのような状態の時はグリスを塗りこんで柔らかくしておいて下さい。
Q:釣行後のメンテナンス方法は?
A:リールからラインを出して良く乾燥させた後グリスを塗って下さい。
Q:オフシーズンなどの保管方法を教えてください。
A:ラインホルダーなどに巻き換え直射日光の当たらない所での保管して下さい。
inserted by FC2 system